基礎からわかるバーチャルオフィスの特徴や利用方法

バーチャルオフィスとは何かを初心者にもわかりやすく基本からご説明します

Page: どんな時にバーチャルオフィスが便利か

まだあまり聞き慣れないバーチャルオフィスですが、知られていないだけで、実際はとても便利な使い方があります。もしも個人で事業を立ち上げて活動をしたいと考えている人がいれば、このシステムはとても心強い設備になります。バーチャルオフィスとは、実際のオフィスではなく架空のオフィスとして住所を貸し出すシステムです。そのため、社員が利用できるオフィスルームは基本的には実在しません。中にはオプションなどで会議実や自習質をレンタルできる場合もあります。また、住所だけではなく電話番号も借りることができ、その電話番号にかかってきた電話は、手持ちの携帯電話や固定電話に転送されるように設定することもできます。ではどのような人が利用すると便利なのでしょうか。

個人的であまり拡大しない予定の事業向け

事業を始めるにあたり、取引先やお客さんからの信頼を得るためには、信頼できる地域に会社の所在地があることが大変重要になってきます。たとえば、取引先の会社のホームページを見て、会社の所在地は明記されていないと誰もが不安になるはずです。しかしバーチャルオフィスを借りて、その住所を載せておけば実体がある会社だと認識してもらうことができます。東京や名古屋、大阪などの主要都市の中でもとくにビジネスが盛んな都市に住所があることで、より信頼度もあげることができます。そのため、個人的に事業を始める人が最初の踏み台として利用するのはとてもお勧めです。しかしあまりにも大きな事業などになる場合には、オフィスが実在しないことが知られてしまうことでデメリットもあるので注意が必要です。

起業するときの資金があまりない人にも便利

いざ企業をするとなると、まずはオフィスから用意しなくてはいけないと考えて資金面から諦める人も少なくありません。しかし、バーチャルオフィスをレンタルして利用している期間は、数千円から数万円でオフィスの住所を利用できます。法人登記などもその住所で登録することが可能なので、広告やホームページ上での事業は問題なく行えます。実際にオフィスを借りることができるレンタルオフィスもありますが、部屋を実際に使用しない分、はるかに価格が低く設定されているので最初の資金をためるためにも初期のうちだけバーチャルで利用するのも賢い使い方です。少ない投資で、社会的信用に繋がる一等地のビルの住所が利用できるので、ゼロから個人の事業を始める人にとっては大変心強い存在になります。

Comments are closed.