基礎からわかるバーチャルオフィスの特徴や利用方法

バーチャルオフィスとは何かを初心者にもわかりやすく基本からご説明します

Page: バーチャルオフィスを利用するために必要なものとは

たった一度の人生の仕事に起業を選び、成功の為に日夜努力に勤しんでいる方は日本のみならず世界中で多いと思います。日本の国としても、個人として起業し、成功すれば、日本の経済が潤う為、うれしいことです。近年では、起業するための形態も変わってきております。それにより、多くの人が起業に挑戦できるようになったことがいえます。特に起業する上で、特殊な形態としてあるのが、「バーチャルオフィス」です。このオフィスとは、一般企業が従業員を雇い、経営を行う際、多くの物や人材が当然必要になります。しっかりした、準備などがないと、うまく会社を経営出来ない為です。しかし、当然ながらそこには多くの初期費用が掛かります。この形態は、そんな初期費用を安く済ませた上で起業ができるシステムなのです。

初期費用が格段に安くなる起業の方法

普通起業するには、銀行などに資金を借りに行き、その中から、光熱費や社有者のメンテナンス代・燃料代、水道代などをまかなうと思います。また、会社を運営する為に必要な事務所の家賃であったり、電話回線費用であったりする経費もこの資金から支払われるため、多くの資金が必要になり、ここで銀行からの融資を受けられず、起業自体を断念してしまわれる方も多い様です。バーチャルオフィスは、そんな方に非常に有効なシステムです。その理由は、【実際に事務所などを構えることなく、運営ができることにあります】。その為、当然普通の会社がもっている事務所の家賃は掛からない為、初期費用を格段に安くできるのです。しかし、普通の会社同様に、電話番号と住所は必ず必要なものとしてあります。バーチャルオフィスは、これらを月額で契約し、事業に最低限必要なサービスや場所を得ることができるのです。

バーチャルオフィスで起業した場合のデメリット

実際にこのオフィスで経営を行った場合、初期費用の安さなど多くのメリットが存在します。しかし、当然デメリットも存在するのです。例えば、雇用の際に社会保険や雇用保険の申請が困難になる場合があります。ほとんどの場合ができないと考えた方がよいです。また、職種によっては利用できないものもあり、古物商や派遣業などの許認可を必要とする事業では、こちらのオフィスは利用できません。また、起業する際、他の会社が銀行から融資を受け資金調達しますが、起業の実態がないこのオフィスでは、初期にかかる費用分の融資を銀行から受けられない・審査に通らないことが多いです。また、このシステムを利用している会社は今、とても多いです。その為に会社の住所が重複する可能性もあり、トラブルに発展するケースもあります。

Comments are closed.