ワンランク上のfax一斉送信の活用術

faxはファクシミリの略称で、電話回線などを利用して画像や文章を送る事が可能です。メールでも同じ事ができますが、faxの方が利点は大きい時もあります。メールなどのインターネットが普及する前、紙に書いたデータを送付するには、郵送という手段しかありませんでした。しかし郵送では相手側に届くまでに時間や費用がかかっていました。そういった事を改善する為に、faxが登場したのです。faxは紙の情報データを相手側に送って印字します。それにより郵送よりも時間も費用も抑える事ができました。また、一斉送信も出来ますので、メリットの大きな活用方法もあります。メールでも同じ機能がありますが、メールとfaxでは決定的に違う点があります。それについていろいろと詳しくご紹介していきます。

faxで一斉送信を行なう利点について

ファクシミリの仕組みは、紙のデータを音声データに変換し、電話回線などで相手側に送ります。相手側ではデータを再変換して印字します。メールでも似た様な機能があります。しかし、メールはパソコンなどの端末に送付しますので、端末を起動してメールを開封する作業をする必要があります。それに引き換え、faxは印字される為、一目で情報が見えます。開封する作業が不要な為、多くの活用方法があります。faxも進化をしていて、最近では電話回線だけでなくインターネット回線を利用している場合もあります。その為、速度も速く、費用も抑える事も可能になっています。メールと同じく一斉送信も出来ますので、多くの送付先に同じ内容を送る事ができます。開封する手間が無い分、内容がすぐに確認できるメリットがあります。

faxで一斉送信を活用する方法と注意点

faxで一斉送信を行なう活用方法についてご紹介します。多くの送付先に同じ内容を送れますので、社内の業務連絡などの送付に役立ちます。また、ダイレクトメールなどの送付にも活躍してくれます。一目で内容がわかりやすいので、内容の確認が素早くできるのが大きなメリットです。メールでは確認が遅れる事もありますので、faxの方が良い場合もありますね。逆に注意点も知っておく事が必要です。それは、相手側のトナーや紙を使用してしまうという事です。相手側のコストになりますので考慮しなくてはなりません。また、送付できる内容ボリュームに限りがありますので、多くの情報を詰め込むのは不可能になります。その点を注意して使用していけば、faxは非常に便利なツールになります。大いに活用していきましょう。