そんな使い方もあったfaxの一斉送信の利便性

スマートフォンやデジタル化が進む中で、コミュニケーションととり方は大きく変化しつつあります。最近では資料もデジタル化している場合が多く、メールでお送信や、クラウド上での保存が日常的に行われるようになりました。また近年のビジネスシーンでは、多くの企業では電子メールでのやり取りが主流となっています。しかしこうした現代においても、得意先から受注や発注、業務の連絡などfaxを活用しているケースもまだまだ多く、オフィスには欠かせないものであるうえ、マーケティングのツールとしても多くのメリットを持っているといえます。最近では電話回線を使用せず、インターネット回線を使用することで、複数の相手先へ一斉送信をすることも可能となり、従来の送信にかかる手間を省くことが出来るようになりました。

利便性の高いfaxの一斉送信の活用方法とは

faxは従来送信する際に電話回線を使用することから通信料が発生し、コストがかさむことや送信の際の手間がかかるため一時期では使用頻度が低くなったこともあります。しかしながらインターネット回線を使用することで電話帳に登録しておくだけで簡単に一斉送信が行えるようになりました。一斉送信を行うことができるようになりfaxの活用方法も広がりを見せています。faxはメールや郵送とは異なり開封された状態で相手先に届けることができるため誰かの目に留まる確率が高いことや、用紙として手元にあるため社内で回覧することも可能です。このため商品等の宣伝になどが記載されたDMや会報、キャンペーンの告知やアンケートの収集などあらゆる用途に活用することができ、非常に利便性が高いとされています。

faxの一斉送信を使用する場合の注意点とは

お店の宣伝やキャンペーンの告知などあらゆる用途に活用することができ、利便性が非常に高いといわれ、近年再度注目を集めているfaxの一斉送信ですが、もちろんメリットだけでなくデメリットもあるため注意が必要です。faxの一斉送信は、もちろんfaxであるため原稿にカラーを使用することができません。白黒の原稿を送るため、白黒でもわかりやすく、目にひくデザインを採用しなければならないのです。また開封した状態で相手先に届けることができるため、開封率が高くDMなどに関してはその効果を噛めることが可能ですが、反対にだれが見るかは分からないため、親展などの情報を掲載することが難しいため、誰が見てもよい内容にしぼって一斉送信をしなければならないというデメリットもあるため注意が必要です。