基礎からわかるバーチャルオフィスの特徴や利用方法

バーチャルオフィスとは何かを初心者にもわかりやすく基本からご説明します

Page: バーチャルオフィスを利用する利点とは

大都市圏を中心に、多くのバーチャルオフィスが開業しており、起業家だけでなく、一般企業からも注目を集めるようになり、業者間の競争も激しくなっています。かつては、個人が事業を立ち上げる際に利用していたものですが、一般企業からも注目を集めるようになった背景には、単に住所を借りるだけではなく、例えば、ミーティングルームやワーキングスペースの貸与といった機能が充実していることがあげられます。つまり、今後は、これまでの機能が充実していることは最低条件として、いかにユーザーにとってメリットのある付加価値を導入するかが大きなポイントであり、安定的に利用者を増やし、業者間の競争に打ち勝つための方策だと言えます。そこで、ユーザーの視点に立って、利用する利点についてまとめてみます。

バーチャルオフィスの基本的な機能におけるメリット

一般的に事業所を立ち上げるコストを考えると、オフィス探し・契約、電話回線の解説、デスク・パソコンなどの備品・機器類の設置に、いくら小規模であっても100万円程度は必要です。さらに、資本金や登記費用がかかりますので、実績がないまま相当な金額を投資することになります。したがって、ビジネス街の中心に、安価でオフィスを借りられることが、最大のメリットになります。さらに、業務を開始するまでの期間が短いことも大きな魅力です。新しく、事務所を開設して業務を開始する場合、入居審査、電話やインターネット回線の開設工事、備品類の発注・搬入おおよそ一か月かかります。しかしながら、ビジネスはタイミングが重要ですから、機を逃してしまうと、スタートから大きく躓いてしまうことも考えられますから、契約日から様々なサービスの提供が受けられることは大きなメリットです。

バーチャルオフィスの付加価値とその利点

新たに事業を立ち上げる際には、会社登記が必要ですが、多くのオフィスでは登記場所として認めてもらえない実態がありましたが、最近ではほとんどのオフィスが登記場所として認められるようになりました。つまり、起業当初からビジネス街の一等地に会社登記が可能となり、お客様からの信用・信頼やイメージアップが期待できます。また、最近では自宅での業務を中心とする会社も少なくありませんが、月に何度か顔合わせや打ち合わせを行う際、格安でミーティングルームやワーキングルームが借りられることも大きな魅力です。さらには、軽食が楽しめるスペースを用意しているオフィスもあり、短期間での集中した作業が可能な環境を付加価値として導入したものもあります。こういったバーチャルオフィスであれば、新規事業所だけでなく、一般の企業にとっても利点の多いサービスと言えます。

実際にバーチャルオフィスをご利用された方々の事例をHPにて掲載させて頂いております。 当社ではお荷物が届いた際にかかる受取手数料は一切頂いておりませんのでご安心下さい。 ホームページからのお申し込みも受け付けております。 進化し続けるバーチャルオフィスを様々な場所から利用することが可能となっております。 会議室を併設している店舗につきましては内覧が可能となっておりますので事前確認が行えます。 バーチャルオフィスのことならKarigoにお任せ!

Comments are closed.